胃酸の分泌を抑える作用を発揮する薬剤タケプロンOD(TakepronOD)

商品説明

商品名 胃酸の分泌を抑える作用を発揮する薬剤タケプロンOD(TakepronOD) 商品カテゴリー その他医薬品, 消化器官

タケプロンODは、ランソプラゾールを有効成分とする胃酸の分泌を抑える治療薬で、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられます。
胃酸の分泌を強力に抑えて胃酸の悪い影響をなくし、胃潰瘍や逆流性食道炎に効果を発揮することで、胃痛や胸焼けを和らげる働きをします。

 

52017-10-21  mm

タケプロンOD(TakepronOD)30mg

家族が、変形性膝関節炎の為、毎日鎮痛剤を飲まなければならなかったので、その為か胃潰瘍、逆流性食道炎になりましたが、今現在は完治しています。しかし、ムコスタだけでは防げなかったのでプロトンポンプ阻害薬の中で前回は医師に処方して貰ったことのあるネキシウム20mgを購入しましたが、今回はタケプロンを試しに購入してみました。効果の程はどちらも胸焼けがスッキリ取れて調子が良くなりどちらも良い薬です。タケプロンはOD錠でイチゴ味なので呑みやすいのでお勧めです。

 

キャンペーン情報

関連する商品

商品カテゴリー