ジェネリック医薬品やサプリメントを格安で個人輸入代行できます。

サプリと海外医薬品の格安個人輸入

医薬品個人輸入のメリットとは?

医薬品個人輸入のメリットとは?

一般的に、医薬品を購入するには、通常の薬の場合であれば薬局に行き入手します。処方薬の場合になると医療機関へ行き、医師から診断を受けてそこで処方箋を記載してもらって薬を購入することになります。
 それでは、あえて医薬品を個人輸入する利点はどこにあるのでしょうか?
 まず、薬局や病院に行く労力を要しないというメリットがあります。
例えば、ちょっとした薬なら近所の薬局に行けば購入できますが、処方箋が絶対に必要なケースでは病院に行く必要があります。
ただ、病院が遠方にある場合は、電車や車で移動しなければならないし、大きな病院だと待ち合い室で長時間待たされることもあります。
それに対して、個人輸入ならパソコンやスマートフォンを活用し、数分足らずで注文でき、その後は商品が送られてくるのを待つだけという利便さがあります。
さらに、病院に行き医師に相談すること自体がやっかいな場合もあります。
こんな例を考えてみましょう。
AGA(男性型脱毛症)や、ED(勃起不全)、肥満などの症状に悩んでいる場合、相手が医師であっても、自分の病態を相談することは誰もが気恥ずかしいものですよね。
しかし、医薬品個人輸入サイトを活用すれば、プライバシーの保全をすることができます。
自身の症状や必要とされる薬を把握している場合、医薬品個人輸入サイトを利用するという選択を考慮しても決して悪くはないでしょう。
それに加えて、医薬品の中には、健康保険を使用するよりも医薬品個人輸入サイトの方がリーズナブルに入手できる場合が数多くあります。
因みに、医薬品個人輸入サイトは数多くありますが、当サイトでは歴史が古く信頼感も高く、さらには商品の品揃えが数多く価格も安いオオサカ堂をおすすめしています。
その他、オオサカ堂と同じく全国送料無料の「くすりエクスプレス」「ベストケンコー」などの個人輸入サイトもご紹介しています。
☆活用例
例えば、プロペシアであれば、一般的に病院で処方してもらうと、1箱(28錠)あたり、7000円から1万円程度すると思いますが、オオサカ堂で売られているプロペシアは、5000円台で購入できて非常に経済的です。 安さを何よりも実感できるのが、ジェネリック薬の存在です
・ジェネリック薬とは、一般的に特許が切れた医薬品を他社が製造したものことを差し、「後発医薬品」とも呼ばれています。
公式サイトによると、医師からの依頼もあるということで、病院からも依頼されているとのこと。
とにかく、 商品はメーカー純正品ですので、安心して利用することができます。
管理人より
カテゴリー:  

トラックバックURL